2020-02-23

週刊YMN Vol.5


週刊記事を書く! と言ったのが昨年末。見事に1ヶ月で更新が止まってました。

でも思うのです。一度も途切れずに続けることも大切ですが、途切れてしまったことを始めること同じくらい意味があると……。なんて偉そうなことを、この先何回も口にすることになるでしょう。

ということで、ちょっと前のことも含めてここ最近の個人的なトピックスです。

週刊YMN Vol.4




今週の一枚:Tame Impala『The Slow Rush』

新曲「Patience」と「Borderline」のリリースが、去年の3月~4月。「Tame Impalaの新譜が来る〜」というワクワクを焦らされて約一年。待望の新譜『The Slow Rush』が2月14日にリリースされました。

リリース日、自分のツイッターのタイムラインは、お祭りのような盛り上がりでした。リアルでTame Impalaを語れる人と出会うのはなかなか難しいですからね。みんなこの喜びを分かち合いたくてSNSに集うのです。

全く飽きずに、最初から最後まで何度でも聴けるアルバムだと思います。中でもアルバム解禁直前にリリースされた「Lost in Yesterday」は、MVも含めて素晴らしい。淡々とループするメロディにいつまでも踊らされちゃいそうな曲です。

過去と向き合い、未来へ向かう。Tame Impala “Lost In Yesterday” トラックレビュー

フジロックやスパソニへの出演も熱望されるTame Impala。もし来日が決まったら、みんなで踊りまくりたいです。

羊文学がEP『ざわめき』をリリース

だいぶ日が経ってしまいましたが、羊文学がEP『ざわめき』をリリース。ポップな印象が強かった前作『きらめき』と比べて、よりストレートで少しダークな印象も受ける今作。自分は「こっち」の羊文学も大好きです。

歌詞もサウンドも、そして塩塚さんの歌声も、今一番感情に訴えかけてくるバンドだと思うんですよね。切ない歌詞に心打たれて、ノイジーなサウンドに心が踊って……。まさにざわめかされる感じ。

リード曲の「人間だった」、待望の音源化の「祈り」、それぞれ好きな曲があると思うんですが、自分が今回一番インパクトを受けたのは「サイレン」でした。

本当に素晴らしい作品なので、今年もライブ活動、そして次のアルバムがめちゃくちゃ楽しみです。

沖縄旅行に行く

そして、今月は全然シーズンじゃない沖縄に行ってきました~。自分は初沖縄。

だいぶ曇り空が続いて、「沖縄暖かい~」とはならなかったのですが、美味いもの食べたり、綺麗なもの観たり、めちゃくちゃ楽しい沖縄デビューになりました。パシャパシャ写真も撮ってきたので、沖縄記事も読んでもらえたらと嬉しいです。

2月の沖縄旅行に行ってきたよ(前編)

2月の沖縄旅行に行ってきたよ(後編)

『1917』を観る

14日に公開された『1917』は、最近観た映画の中で一番の衝撃作。最近の映画で一つおすすめするなら何か、と訊かれたら自分は間違いなく『1917』を推しますね。

サム・メンデス監督によって作られた「戦争体験」への没入感がすごかった。「全編ワンカット」撮影には、映画の見方を変えられた気さえします。

こちらも自分の感想記事を書いたのでぜひ。

映画『1917』を観た感想!








関連記事