2020-02-16

2月の沖縄旅行に行ってきたよ(後編)


早いもので夢の沖縄旅行からもう一週間! 思い出に浸りながら書いとります。

前編に続いて後編です。

2月の沖縄旅行に行ってきたよ(前編)




浜比嘉島ロンリードライブ

3日目は彼女様に予定があったので、ロンリードライブ。前日まで全然予定立ててなかったのですが、ホテルから1時間くらいでうるま市の海中道路、そしてその先の島々に行けるとのことだったので向かってみることに。

翌週に新譜リリースを控えるTame Impalaをガンガン流しながらの、爽快ドライブでした。

海中道路を通過する頃はまだ曇り空だったので、「海中道路」でググって出てくるような綺麗な写真は撮れず。それでも両サイドに広がる海の中を一直線に走るのは気持ちよかったです。橋で海を渡ることはあるけれど、より海と近い「道路」で渡るってのが新鮮でした。

そして海中道路の途中にある海の駅「あやはし館」で、この先にある浜比嘉島に「シルミチュー」というパワースポットがあるという案内を見て、向かってみることに。

平安座島に渡ったあと、もう一回大きな橋の上を渡った先に浜比嘉島があります(写真は帰り道ですが)。

少し車を走らせると「アマミチューの墓」という小島が。なにやら「シルミチュー」とセットの神様のお墓らしい。ちなみに写真はただの岩です。

道路を挟んで反対側には「島パーラー」という小さなお店があります。写真はポークたまごおにぎり! 前日にコンビニで買ったのとはボリュームが違いました……。めちゃくちゃ美味しかった。島パーラーの店内にはポークたまご、もずくチャウダーといったフードのほかに、オリジナルのお守りやキーホルダーも販売しています。

彼女様へのお土産にかわいい御守りストラップも購入。小さなお店の中に浜比嘉島の魅力がグッと詰まっていて、こういうのって素敵だなーと思いました。

北海道出身の女性が沖縄の島でパーラーを開いたワケ

アマミチューの墓と島パーラーの辺りからさらに島の奥に向かいます。シルミチュー公園の駐車場に車を止めると、目の前にはめちゃくちゃ綺麗なビーチ。そしてちょうどこのタイミングで、ずーっと曇っていた空に晴れ間が。気温も上がってきて、一気に「沖縄さ来た!」という気分に。

本当に信じられないくらい透明度が高い青。独りで遠出した甲斐がありました。

どれくらい透明度が高いかというと、水中にいるナマコの写真がまるで地上にいるかのよう。前日に美ら海水族館でお触りしたナマコと同じように見えましたが、猛毒生物も見てきたので触るのは遠慮しました。

ちなみにみなさんお気付きかもしれませんが、パワースポットに向かうドライブとは言ったものの、元来スピリチュアルなものにそこまで興味がないので、「シルミチューの墓」はあっさりチラ見した程度でした……。

そして、シルミチューエリアからもうひと頑張りして奥に進むとあるのが「高江洲製塩所」。ザ・沖縄って感じの低い石垣が並ぶ狭い小路と、未舗装の道路を抜けないといけないので、あまり運転に自信がない人はやめておくか、シルミチュー公園から歩いて行くのが無難かなと思います。

でも! 苦労して向かう甲斐はあります。ものすごくある。この高江洲製塩所さんの「浜比嘉塩」がめちゃくちゃ美味い。

お店でちょびっと味見してみて、なんじゃこりゃと。そんなに精巧な舌を持っているわけではない自分でも、普通の塩とは全然違うのがわかりました。めちゃくちゃ旨味がある。仙台に帰ってきて、シンプルに浜比嘉塩だけでキャベツを炒めてみたら美味いのなんのって。

塩作りの体験なんかもできるみたいなので、沖縄に行った人にはぜひ足を運んでみて欲しいです。ただ、浜比嘉塩はAmazonでも買えちゃいます。リピートに便利。

 

そしてそして、その美味い浜比嘉塩の源泉となる、隣接のビーチがとてつもなく穴場。草が茂った小道を抜けた後に広がる景色は、息を飲む美しさでした。

正直夏のシーズンはどうかわかりませんが、自分が訪れたときはほとんど人もいなくて、景色を心置きなく堪能できました。綺麗な場所ってどうしても混んじゃうので。奥まったところにあるとはいえど、とても素晴らしいスポットだなと思いました。

というわけで、食って眺めて堪能した浜比嘉島ロンリードライブ。自分の気の向くままにふらふらと動けたのは気楽で良かったですが、やっぱり「うめぇー!」とか「綺麗〜!」って言い合う人がいないのはちょっと寂しいなとも。なんか彼女様の存在の大切さを改めて実感しちゃったり。




沖縄の美味かったもの

やっぱ沖縄と言えばゴーヤチャンプルー! マジでハマりそうなくらい美味かったです。写真は嘉手納町にある「友遊亭」さんのチャンプルー。

そしてこれまた友遊亭さんの魚のバター焼き。ガーリックが効いててめちゃ美味。思い出すだけで涎が出てきます。

美ら海水族館からの帰り道に寄った、道の駅許田で食べたお菓子、チョコもちとおもろ。どっちもね、なんというか味の想像はつくわけで、食べてみれば「やっぱりね~」とはなるんだけど、それでもこういうお菓子は美味しい。初めての沖縄なのに、どこか懐かしい味で小腹を満たしました。

最終日の朝は嘉手納町のカフェ「What’s the story?」でモーニング。モーニングはドリンクを頼むとトーストが付いてくるお得なセットでしたが、プラス300円でフレンチトーストセットに変更! シナモンが効いたふわふわとろとろのフレンチトースト最高。端っこはカリッと感が残る感じがまた良しでした! もちろんコーヒーも美味しかった。




まとめ

ということで、初沖縄のゆる旅行記でした!

いろんなところに行って、美味しいもの食べまくって、大満足で楽しかったのはもちろんなのですが、やっぱり3泊4日じゃ沖縄はまだまだ回りきれませんね。もっともっと行きたいところがたくさんある。

今回の旅程では、ブセナ海中公園に行ってグラス底ボートに乗ってみたりもするはずだったのですが、割引チケットを買おうとした道の駅許田で悪天候のための欠航を知り断念。美しい自然が魅力の沖縄だけに、天候に大きく左右されちゃうのもしょうがないですね。

あとは沖縄の歴史についてもちゃんと勉強していけばよかったなー、というのを後悔してます。今は観ることができませんが、首里城を始め遺跡も多い沖縄。そしてやっぱり第二次世界大戦での沖縄戦。楽しくて美しい沖縄のと表裏一体のその歴史の知識があれば、旅行を自分の中でより深い経験として刻むことができたと思うので。

次いつ行ける日が来るかはわからないけれど、ぜひぜひまた行きたいと思っているので、そのときにはまたリサーチと勉強をしっかりして行ければと思います。

あー。楽しかった。では!

【前編】NOKTON Classic 35mm F1.4 E-mount で送る、栃木旅行まとめ!

盛岡の「CHATONS(シャトン)」でイタリアンランチ!

 

 





関連記事