2019-12-10

【ライブレポ】女王蜂『全国ホールツアー2019 「十」-聖戦-』ファイナル 仙台公演に行ってきた!


ちょうど一ヶ月前、ペトロールズが秋のツアーを仙台の地でゆるっと終えたわけですが、それとは対象的にズバッと切れ味鋭く魅せた女王蜂のツアーファイナル。

自分にとってはARABAKI、夏の火炎ツアー、サマソニに続いて今年4回目。そして今年のライブ納め(の予定)となったライブをスパッとレポします。




「Serenade」でスタート!

アルバム『十』の中で、「Introduction」と同じくらい好きなのがこの曲。夏のツアーやサマソニでは聴けなかったので、毎公演一曲目にかましていた今回のツアーではすごく楽しみにしていました。自分が女王蜂のライブに足を運ぶようになってからは、「DANCE DANCE DANCE」が1曲目というのが定番でしたが、しばらくは「Serenade」が固定になるのかなーという気もして嬉しいです(もちろん「DANCE DANCE DANCE」も好きだけど!)。めちゃくちゃ勢いのある曲なのでね。ぶちあがっちゃうよね。

そして前作から「失楽園」を挟んで、「Introduction」。ツアーを通して披露してきて、サマソニで聴いたときよりもさらに洗練されたかなー、と感じました。

自分はこの曲の

はじまらないからはじめた それだけ

何も怖くもないのに怯えてはいられないでしょう?

という歌詞がめちゃくちゃ好きでして。なんというか、グッと踏み込まなきゃなっていう気持ちにさせられるんですよね。ライブだとその感覚がさらに強くなります。

一気に駆け抜ける前半

自分はホールでのライブは初めてだったので、パーソナルなスペースがあって快適な反面、はしゃぐのがいつものライブよりもちょっと恥ずかしいみたいな気持ちもありました。周りを見渡しても、結構そういう人が多かったような気がします。

ただ、ここのところ毎ライブ前半は怒涛の勢いでぶっ飛ばすのが女王蜂。4曲目の「ギラギラ」が始まる頃にはもう恥ずかしいとかそんなの関係なくなっちゃってました。体は自然に動いて踊らされまくりだし、女王蜂ギャルたちからは黄色い声援飛びまくり。「スリラ」「ヴィーナス」「催眠術」「デスコ」、そして9曲目の「HALF」まで、息をつくまもなく一気に駆け抜けました。

そしていつも思うのだけれど、ツアー毎に従来の曲もアヴちゃんの歌い方やバンドの演奏のアレンジが少しずつ変わっていくのが女王蜂の良いところ。もちろん音源だって素敵なのだけど、毎回違ったアレンジでワクワクさせられるのは女王蜂ライブの盛り上がれる理由の一つだなーと思います。

舞台を観ているかのような後半

「HALF」の後、ステージ後方を隠すように幕が降りてきて、アヴちゃんの衣装替え。黒ジャージのセットアップでスタイリッシュ決めたアヴちゃんが再登場すると、「くちづけ」を披露。

続いて新アルバムからの「先生」で後半がスタート。この曲は生徒と先生の両視点をアヴちゃんが絶妙な距離感で歌い上げ、音源では最後のマッチを擦る音から「Q.5」に繋がる瞬間がめちゃくちゃカッコいい。ですが! 今回のライブではマッチを擦って始まるのは「火炎」。もうね、こう来るか~~~~と。こういう演出って一体いつから考えてるのかなって思わされました。

あとツイッターの感想を見ていて気付かされたのが、「火炎」ラストの「Party is over」前で拍手が起きなかったこと。ここの静寂に包まれるシーン、パフォーマンスに圧倒されるがゆえに、結構拍手が起こっちゃいがちなんですよね。さすがファイナルと言いますか、拍手さえもできないほど圧倒されたというか。オーディエンスも含めて最高の出来だったかと。

旧曲「鏡」から、「Q」「十」「聖戦」とフィナーレに向かう終盤は、ほんとにロックバンドのライブというより、女王蜂という劇団の舞台を観せられているようでした。もともと抜群の表現力を持つアヴちゃん。そしてストーリー性が強く、曲同士のつながりも見られる女王蜂の楽曲。あるいはバンドとしての成長、という面もあると思います。だけど、個人的にはアヴちゃんが出演した『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の経験も活きているのかな、なんてことも思いました。特に静寂の使い方が以前よりも更に迫力のある使い方になってたなーと。

ラストは「金星」。やっぱめちゃくちゃ踊れますね、この曲は。




まとめ

ということで、女王蜂の『全国ホールツアー2019 「十」-聖戦-』ファイナルのレポでした。今回のライブは時間で言えば1時間ちょっとだったかと思います。ただ、間に挟むMCは一切なし。あの熱量でほぼぶっ通しのパフォーマンスはさすがだなーと思います。

そもそも今ツアーはMCなしでやってきたようですが、ファイナルということで最後にツアーの感想をちょろっと話してました。そして何やら「いろいろ仕込んでます」とのことで、来年も楽しみ楽しみです。

あと、今回は前から4列目ということで、特にすぐ近くのやしちゃんとみーちゃんがよく見えてすごく楽しい席でした。やっぱやしちゃんとみーちゃんのアイコンタクトとか、はしゃいでる姿がすごく好きなので……。そして、目立ちはしないけれど、人一倍忙しなく動いてるみのりお姉さまを見ていると、やっぱ女王蜂サウンドに欠かせないメンバーだなーなんてことも改めて思ったり。

とにかく今年は4回と一番ライブに足を運んだ女王蜂。さらなる活躍に期待大です。では!

【ライブレポ】ARABAKI ROCK FEST.19 で女王蜂を観たよー!!

【ライブレポ】全国ツアー2019 「十」-火炎- 仙台公演に行ってきたよー!

 





関連記事