2019-06-04

【ライブレポ】全国ツアー2019 「十」-火炎- 仙台公演に行ってきたよー!


4月末のARABAKI ROCK FEST.19、そして5月の新譜リリースと怒涛の女王蜂イベントが続いておりますが、6月1日遂に全国ツアーが仙台に回ってきました!

サマソニ2018で女王蜂を知って以来、HALFツアーサマソニ2018アラバキ2019と自分にとって4回目の女王蜂ライブ。めちゃくちゃ楽しかったその模様をお伝えしまーす。

【関連】【ライブレポ】ARABAKI ROCK FEST.19 で女王蜂を観たよー!!

【関連】初めての女王蜂ライブ! 初参戦の自分が知りたかったことまとめ




やしちゃんセレクトのSE、ヤングマンから本編に突入

qb図鑑で知ったのですが、女王蜂のライブ前のSEはやしちゃんが毎回セレクトしているそう。前回のアラバキではエヴァのヤシマ作戦から始まって、かなり盛り上がりましたが、今回はなんと西城秀樹のヤングマンから本編突入でした。

開演の18時前。流れ始めるヤングマン。ざわめく観衆。というかみんなだんだん口ずさみ始める……。サビの「Y.M.C.A」に差し掛かると軽く合唱状態に。そのままボリュームが大きくなって、暗転。メンバー登場へ。女王蜂のこういう遊び心がキュートで楽しいな~と思いました。

 

揺れるフロア、DANCE DANCE DANCEでスタート!

「火炎」のイントロを挟んで遂にアヴちゃんが登場し、もう会場のボルテージが一段階上がります。一曲目は前作『Q』からDANCE DANCE DANCE。

今回はちょうどフロアの中央辺りで見ることになったこともあって、「え!? こんなに揺れる!?」っていうくらい、みんなのジャンプで揺れました。床がぐわんぐわん。後述しますが、アヴちゃんに「ここまでのツアーで一番熱い」と言わせるくらい、確実一曲目からフィーバーしてました。




「火の海」「火の鳥」が今ツアーのハイライトのひとつ

ライブでおなじみの、「金星」、「デスコ」、「超・スリラ」とキラーチューンでつなげた後に続いたのは、火炎ツアーにちなんだ、「火の海」と「火の鳥」。ちなみにファン歴約2年の自分は、恥ずかしながらこれまで2曲とも聴いたことがありませんでした……。

「火の海」は2011年発売のアルバム『魔女狩り』に収録されている一曲(公式のアップではないのでリンクは貼りませんが、ニコ動でMVを見ることができます)。初期の曲なので、やっぱり今とはテイストが違って、だいぶロック。でもそれが今の女王蜂によって荒々しくも洗練された仕上がりになっていて、めちゃくちゃかっこよかったです。

そして個人的には、アヴちゃんの「みーちゃん!」の掛け声で始まるキーボードソロの見せ場。もうほんとに素晴らしい。みーちゃんの見せ場と言うと「一騎打ち」が思い浮かびますが、まだ生で見れたことがないので(翌日の盛岡では披露したらしい!)、この演奏を見れたのは感激でした。

続く「火の鳥」は、2015年にセーラームーンのキャラクター・ソング集『美少女戦士セーラームーンCrystal キャラクター音楽集Crystal Collection』で、アヴちゃんが火野レイに書き下ろした曲のセルフカバーです。こちらはアヴちゃんVer.の音源は無いので、ライブでしか聴けません。ぜひぜひライブに足を運んで聴いてほしい一曲です。!

 

「ここまでのツアーの中で一番熱い」

13曲目の「空中戦」まで、一切の休憩なしでやりきった女王蜂。正直「MCなしで最後まで行っちゃう!?」と思うほどでした。

メンバーが舞台袖に一旦捌けていく中、ひとり残ったアヴちゃんから「仙台、間違いなくここまでのツアーの中で一番熱い」と嬉しい一言が。普段のライブ1回で2キロ痩せるというアヴちゃん、「今日は3キロ痩せてるちゃうんかな」なんて言ってました。

そして、物凄い盛り上がりを見せる会場に、アヴちゃんからひとつお願いが。「下半身でも踊ってほしい。アクターズスクールに通ってる子供みたいに」と。そして他のバンドのライブでもそれを披露して、女王蜂のファンが只者では無いことを知らしめて欲しいそうです。笑




「デスコ」を超える「ヴィーナス」

これはもう完全に「異論は認める」自分の主観なのですが、去年のHALFツアーの仙台公演やサマソニで観たときと比べて、「ヴィーナス」の盛り上がりっぷりがより激しくなったなと思いました。

映画「モテキ」の主題歌になり、女王蜂にとってのターニングポイントにもなった「デスコ」は間違いなく代表曲の一曲で、去年のライブでも「やっぱ盛り上がり方が桁違いだな」と思ったのですが、今年は「ヴィーナス」がそれを超えてきていると感じます。

別に女王蜂の曲のなかで、「どっちの曲のほうがすごい」なんて比べる必要が無いのはわかってます。ただ、再録や改めてタイアップがあったわけでもないのに、ライブでの演奏だけで曲が成長しているような気がして、それはすごいことのような気がするのです。

「ヴィーナス」は「デスコ」に比べて、オーディエンスも一緒に歌える部分が多いのもひとつの要因かもなーとも思います。アヴちゃんも会場を煽りやすいしね。

 

サマソニでは新曲が観たい!

ということで、全国ツアー2019 「十」-火炎- 仙台公演のレポでした。とにかくやっぱり熱かった!

そして、ツアー中に新譜『十』を発表した女王蜂ですが、発表後も一貫してセトリは変えて無いみたいです。だからこそ、ツアー後のサマソニでは『十』から新曲をライブで観たい! という思いが高まります。

特に「Serenade」や「Introduction」はめちゃくちゃライブ映えするだろうなーと思います。サマソニ3日目、体力が残ってればぜひ前の方で観たいな~。では!

 

【関連】【ライブレポ】ARABAKI ROCK FEST.19 で女王蜂を観たよー!!

【関連】初めての女王蜂ライブ! 初参戦の自分が知りたかったことまとめ




 

 





関連記事