2019-03-03

【ライブレビュー】俺が聴きたかったシューゲイザー。揺らぎー揺らぎ自主企画” WEARING THE INSIDE OUT “に行ってきたよー。


行ってきました、揺らぎ自主企画” WEARING THE INSIDE OUT “。

ということでNo Buses、羊文学と続き、いよいよ揺らぎ編!

【ライブレビュー】圧倒的リフメーカー! No Buses ―揺らぎ自主企画” WEARING THE INSIDE OUT “に行ってきたよー

【ライブレビュー】儚く、しなやかに、そして力強く。羊文学の伝える力―揺らぎ自主企画” WEARING THE INSIDE OUT “に行ってきたよー。




揺らぎ

揺らぎはmirai akita(Vo,Gt)(以下みらこ)、kantaro kometani (Gt)、yusuke suzuki (Ba,Cho)、yusei yoshida (Dr)によるシューゲイザー、ドリームポップ、ノイズミュージックに影響を受けたロックバンド。

ギターボーカルのみらこさんの就職を機に、今回の自主企画以降ライブ活動の頻度が少なくなることを発表しています。

これまでにEP『nightlife』とアルバム『Still Dreaming,Still Deafeing』をリリース。

 

そんな揺らぎとしては節目のライブ、そして自分としては初めてのライブ。

そこには自分が求めていたシューゲイザーがありました。

轟音、疾走感、やさしさ。

シューゲイザー、シューゲイザーと言っても、自分はめちゃくちゃシューゲイザーに詳しいわけでは無いです。ただ、ご多分に漏れずその入りはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの『ラヴレス』だったわけです。でもそのほかのシューゲイザーと言われるバンド、海外のレジェンドバンドから、日本のそれに属するバンドでも、さしてはマイブラの『mbv』でも、正直「なんかもの足りないな」という気持ちがありました。とてもかっこいいし、それがシューゲイザーなのだということはわかっているのだけど。

今回初めての揺らぎのライブで、煙で満たされた薄暗い空間の中、一曲目の「B/C」からアンコールまで、美しい轟音を浴び続けること一時間。「これが俺の聴きたかったシューゲイザーだ!!」ということに気が付きました。

だからシューゲイザーが凄く好きだけど、最近のシューゲイザーが面白くないから、自分でやりたかったというのがあって。リスペクトだけになるほど、つまらないことはないですからね。

【インタビュー】インディーにも、シューゲイズにも属したくない。揺らぎが目指す新しいシューゲイズのかたち

と過去のインタビューで語っているみらこさん。リスペクトだけではなくて、自分たちがやりたいことを突き詰めていった結果、一人のリスナーに対してではありますが、『ラヴレス』以来ずっと求めていたシューゲイザーの形を感じさせた、というのが面白い。

一番印象的だったのは3曲目に演奏された「soon」。今回の企画まで揺らぎというバンドを知らなかった自分が、Spotifyを使って予習する中で一番聴いた曲。「来た!!」と。その中で自分がシューゲイザーに求めていたのは、轟音、疾走感、そしてその中に感じる包み込むようなやさしさ。それらが心地よく感じられるバランスだった。そう気付かされました。

それは今回のライブで体全体で彼らの音の洪水を浴びた感想でもあります。いくら音が大きくても、ただの騒音になってしまっては不快なだけ。時には疾走感も欲しい。消え入るようなウィスパーボイスや、もはや原型がわからないくらいに歪み、反響したノイズサウンドによって演出される幽玄さ。

それらが心地よい音楽として成立しているのは上述のような自分たちの音楽を追求してきた結果でもあり、一曲一曲終わるごとにメンバーそれぞれが念入りにチューニングするその几帳面さゆえでしょうか。いつの間にか自分がもう26歳になってしまった、というのもあるかもしれませんが、年下の若い人たちがこうやってひたすら真摯に自分たちが作りたいものに向き合っている姿には刺激、という感銘を受けます……。

みらこさんの空間に染み渡るような歌声、カンタロウくんの轟音ギター、ユウスケくんの頭の奥に響くようなベース、ユウセイくんの荒々しいドラム(今回のライブで特に印象深かったプレイの一つです)。それらが絶妙に混じり合って成立している「揺らぎ」というバンドの魅力に大いに取り憑かれ、いつまでもその音楽に浸かっていたいと思った夜でした。

 

そして揺らぎ終演後に羊文学の塩塚さんと「練習してないことを人前で披露することほど緊張することはない……」と二人で笑いながら披露した、「みらことハイジ」もめちゃくちゃよかったです!




いつかまた必ず観に行く

今回のライブでしばらくライブ活動を控える揺らぎ。絶対また観たいバンドだなと思いました。もちろんメンバーそれぞれの生活・人生も大切にしながら、これからもガンガン活動を続けていってほしい。

あとはやっぱり、羊文学と同じようにゆくゆくは「フジロックの大きな舞台で観たいな」、と思わせるスケールのバンドだなと。自分もまだまだ知らない音楽、バンドがあるのは重々承知していますが、これだけの轟音を気持ちよく聴かせることができる唯一無二のバンドなんじゃないかと感じています。いつかまた音の洪水で窒息したい。

揺らぎさん、今回の企画でNo Busesと羊文学をブッキングしてくれてありがとう!

そしてNo Busesと羊文学は揺らぎに出会わせてくれてありがとう!

本当にこういう出会いがあるから音楽はサイコーだよ。これからもこの3バンドを応援していきたいです。

 

最後に、今回の記事で、めちゃくちゃ最高なライブ写真の掲載を快諾してくださり、バンドに許可までとってくださったMachida Chiakiさん本当にありがとうございました。4月に写真展があるとのことですので、こちらもぜひ!

では!

 

 





関連記事