2019-01-05

2019年1月に行きたい展覧会まとめ―イッタ・ヨダ、葛飾北斎、水代達史 他


あけましておめでとうございます。去年はアートの世界に片足、いや、親指が少しかかったかな? という感じのymnです。

年末は仕事が忙しく年始も帰省して寝正月だったので、しばらく更新が止まっていましたが、今年は去年よりも精力的に活動していければと思ってますのでよろしくお願いします。

ということで、去年の後半頃からアートの面白さに気が付き始めた自分。WEB版美術手帖に張り付き、アーティストのツイッターやインスタを監視、ギャラリーのサイトを巡回して面白そうな展覧会を探しています。

今日はその中からすでに開催中のものも含めて1月中に開催される展覧会をいくつかピックアップしてご紹介します!

 

Ittah Yoda body alights – a fragmented memory|降下する身体 記憶の断片

イッタ・ヨダと聞くと「与田 一太」なんて字面が浮かぶかもしれないけれど、それは間違い。彼らは ヴァージル・イッタとカイ・ヨダという二人によるアーティストデュオです。

 

View this post on Instagram

 

遠藤一成 endokazunariさん(@endokazunaridesign)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

遠藤一成 endokazunariさん(@endokazunaridesign)がシェアした投稿

日本での個展は今回が初ということですが、命と無機質が混ざりあった作品の不思議な感覚、そして「より進化した彫刻作品をはじめ、VRデバイスなどを用いた新しい視覚体験をもたらすインスタレーションを展示する」との言葉に期待大です。

Ittah Yoda(イッタ・ヨダ)の日本初個展をチェック。気鋭のアーティストデュオが提示する、新しい視覚体験とは?(美術手帖)

ITTAH YODA | body alights – a fragmented memory(ギャラリーHP)

ITTAH YODA(アーティストHP)

会期:2018年12月15日〜2019年1月20日
会場:Sprout Curation
住所:新宿区西五軒町5-1 エーワビル3階




新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

「葛飾北斎」と聞けばその名を知らない日本人は殆どいないのではないでしょうか。そして少しアートに興味を持つと、いたるところで北斎がアーティストに与えた影響について知ることになります。

今回の展覧会、大規模なものとしては東京で十数年ぶりに開かれるそう。そして、「永田コレクション」はこれが最後の東京公開になるとのことです。

と、言ってはみたものの自分は北斎についての知識なんてさっぱり無くて、「永田コレクション」もどういうものかわかりません。恥ずかしい限り!

会期前にしっかり勉強してから行きたいと思います!

 

会期:2019年1月17日〜3月24日
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

水代達史 展 -Breathing Metal-

「木蔭」
w65×D55×H11㎝ 2018年制作
銅、真鍮、18金、ニッケルメッキ

去年齊藤秀樹さんの個展で伺った新生堂画廊のHPで発見したアーティスト&個展です。こちらの作品画像を見た瞬間、自分の嗜好にめちゃくちゃドハマリし、「行くしかない!」と決意しました。

彫刻については特に動物×〇〇のようなファンタジー系に弱いです……。好きです……。水代さんの個人HPで過去の作品や制作に対する思いなどもたくさん見れますのでぜひ。ほんとたまりません。

新生堂画廊HP

水代達史HP

会期:2019年1月17日(木)~2月1日(金)




その他に気になる展覧会

 

まとめ

以上、1月の気になる展覧会まとめでした。2019年ひと月目から素敵な展覧会が目白押しですね……。

地方に住んでいる自分からすると、往復の交通費だけでもだいぶ痛い出費ではありますが、今年はなるべく東京へ通って、アートに対する知識や感性をアップデートしていけたらと思っています。では。








関連記事