2018-11-27

イライラを抑えるには―ストレスなき生活を。


ハロー、意外と気が短いymnです。

「ストレスの無い生活」を目標に生きている自分ですが、この前イライラしていたせいで仕事中に大きなミスをやらかしました。そんでこんなで、ストレスマネジメントのために「イライラしない方法」を模索する毎日です。

みなさん、イライラ抑えられてますか? ちゃんと自分の感情をコントロール出来てますか?




イライラしても、いいことって何もない

そもそも、人はなんでイライラするのか。自分の胸に手を当てて考えて見ましょう。自分がイライラする場面としては、「自分の思ったとおりに物事が進まないとき」や「他人が自分のことをわかってくれないと感じるとき」、そして「自分ばかりが不利益を被っていると思うとき」なんかが挙げられるかなーと思います。

こう考えてみると外的な要因がきっかけであっても、結局は「自分」の問題なんですよね。そして冷静になってみると、世の中に自分の思い通りにいかないことがあったり、他人が自分のことをわかってくれないときがあったりっていうのは「あたりまえ」なんですよね。「そりゃそうだ」というマインドだけでもだいぶイライラは薄れるような気がします。

そもそも見落としがちなのが、「イライラしても、いいことって何もない」ということ。今までの人生を振り返ってみてください。イライラを募らせて物にあたったとき、他人に不機嫌をアピールしたとき、自体が好転したことってありました? たぶん無いんじゃないかと思います。むしろさらに上手くいかなくなったのではないかと。イライラしたら負けなんですよね、結局。




イライラ防止ビンゴもおすすめ


昨日ツイートしたら、結構反響があったイライラ防止ビンゴ。おすすめです。その日にイライラしてしまいそうなことを書き出していくだけでも、その場面のイメトレになるし、 実際にそれが訪れたときに「はい、キター!」とちょっとした達成感もあります。

「ゲームにしてしまう」っていうのは結構大切だと思います。この前読んだ『残酷すぎる成功法則』にも書いてました。

と、ここまで、自分なりのイライラ防止策を語ってきましたが、自分の意志表現としての「怒り」は抑え込むばかりが正解ではないと思います。流石になんでもかんでも怒ってばかりというのは良くないですが、自分がどうしても許せないものや、嫌なことにはしっかり「ノー」と言いましょう。




ストレスなき生活を目指して

今日はイライラしないためにはどうしたらいいかについて、最近の自分の考えと行動について書きました。でも、結局はこれを続けられるかだと思います。今は出来ていても、周りの環境や自分の体調、忙しさなどの変化によって実践が難しくなることもあると思います。そのときはまた、その状況の中で「どうやったらできるようになるか」を考えていければなーと。

ストレスなき生活。穏やかな人生。目指すぜ~。





関連記事