2018-10-14

ペトロールズのライブ「Difficult Age」仙台公演に行ってきたよー! 雰囲気とか感想。


今年の始めにハマって、4月のアラバキで見るぞ!! と意気込むも、日程の関係で見れなかったペトロールズ。ようやくようやく見れました~。

というわけで音楽に身を任せてゆっらゆらに漂った仙台の夜のちょいレポです。

【関連】D.A.N.「Sonatine」JAPAN TOUR 2018 仙台公演に行ってきたよー!

【関連】No Buses / Boring Thing―今週の気になる一枚




 

難しいお年頃、「Difficult Age」

Happyな13年目を迎えたペトロールズですが、ここからが正念場。13才は思春期なお年頃。新しい感覚が芽生えて混じりあって、今までの感覚が更新される、そんな時期ですよね。あなたと我々との間の様々な”芽生え”が感じられたら、新しい季節がまた始まります。

h0ttp://www.petrolz.jp/oshirase.html

そんな今回のツアーの4公演目、仙台PITでの公演に行ってきました。仙台PITは初めてだったけど、広くてきれいで快適。

ちなみに


これは完全に主観ですが。笑

雰囲気としてはやっぱりおしゃれで落ち着いた感じの人が多かった印象。




 

時間を感じさせないライブ

なんと言っても3人の音が生み出すグルーヴ。3ピースバンドでありながら、足りない音がなくて、これ以上必要な音もない。完成された音楽……という感じ。

完全に目をつむって、音楽に身を任せゆらゆら漂ってる時間がかなり多かったです。もはやトリップしてた感すら有ります。

そして、やっぱり長岡亮介のギターがたまらねぇぇぇぇです! 今宵、俺的世界3大ギタリストが、

  • 長岡亮介
  • 長岡亮介
  • 長岡亮介

になってしまいました……。

正直なところ、自分は楽しみにしてるライブやフェスでも、終盤に差し掛かるにつれて脚やら腰やらがつらくなってくるので、心の片隅で「きっつ~、早く終わらないかな~」っていう良からぬことを考えていたりするのです。笑

でも、今回はあっという間の2時間超え! ゆるゆるの音で疲れさせず、CD音源とは違うアレンジで飽きさせない、至福の一時でした……。




ゆるゆるのMCがたまらない

そしてめちゃくちゃおもしろかったのが3、4曲ごと合間に入るゆるゆるMC。本人たちは「MCで評価されてたまるか!」なんて言ってたけれど、面白すぎです。

覚えてる限り、今回は、

  • 初めての仙台PITが広くて良い話
  • 鹿児島の火山灰とごまの話
  • 仙台の寿司事情
  • 仙台のスイーツ事情
  • おろろの話

なんていう話。これが毎回漫才みたいで面白い。これだけ集めたDVDも欲しい。ますますペトロールズが好きになりました。

音楽だけでなくって、MCについても文字で語ってもあの空気感は伝えられないのでぜひ足を運んでもらいたいです。




 

まとめ―「いま」「ここに」あるライブ。

たまたま、今読んでいる本の中で、芸術についてインターネットが普及したことで、「いま」を共有する手段は増えたけど、まだ同時に「ここに」を満たす手段は無いなんていうようなことが書いてました。

ライブ中にふとそのことを思い出して、確かにこの演奏とMCとファンの盛り上がり、会場の空気感等々は今ここにいないと体験できない、たった一つのものなんだなーと思いました。

VRなんかが発展して、その場の空気感までみんなで共有できる未来もあるかもしれないけど、多分まだ先の話。

意図的にCD音源が少ないペトロールズなので、ちょっとでもペトロールズが好きな人にはぜひぜひライブに行って欲しいと思いました。

自分も最初にハマった「ホロウェイ」が今回演奏されなかったのも相まって「また行くぞー!」の思いです。では。

 

 

 





関連記事