2018-09-26

10eyevanの新作展示を見にEYEVAN 7285 TOKYO へ行ってきたよー。


フルタイム眼鏡マンになってからもう半年。愛用の眼鏡を手に入れたEYEVAN 7285 TOKYO へ、お正月ぶりに行って来やした!




めちゃかっこいいDMが届く


ある日家に帰ると、EYEVANからお洒落なDMが。ほんとこのブランドはいちいち美しくてかっこいい。

で、なにやら10eyevan というブランドの2nd コレクションの先行販売会が22日から24日に行われるというじゃないですか!

いろいろと迷っていた東京一人旅がこれで決定しました。

 

EYEVAN 7285 TOKYOへ

同じ南青山でやっていた、齊藤秀樹先生の個展からEYEVANへ。南青山だから、だいたい近くだろ程度の気持ちで行ったんだけど、道路挟んでほぼ向かいみたいな感じで想像よりも近かった。笑

ちなみに相変わらずめちゃくちゃお洒落な店なんだけど、看板がこんなにちっちゃいので、今回も見事に一度通り過ぎました。

 

まずは調整してもらいました

で、買って半年以上経ったので、まず調整をお願いすることに。スタッフさんにお願いして、5分ほど待つと、しっかりねじが閉まって帰ってきました。

自分が思っていた以上にゆるゆるになっていた模様(超音波洗浄が原因かも……)。そのあと数日かけてみたけれど、落ちてくるのを無意識に結構触っていたようで、レンズが汚れるペースも少し良くなってきた気がします。

 

10eyevan

正直、10eyevanについては公式サイトを見てもらうと早いです。笑 というか、このサイトがデザインもだけど、読み物としても最高に面白いのでぜひ読んでもらいたい!

自分は、お店でスタッフさんに話を聞かせてもらって、もう関心しまくり。

今回このリムレスタイプが新しく加わったらしいんだけど、この眼鏡のためのネジの開発に3年かかったとか、鼻あてには貝が使われてるとか、めちゃくちゃ熱い!

宝石のような美しさの鼻あて。

テンプルの細さは最も細い部分で1㎜以下……。

写真だとわかりにくいのだけど、リムレスタイプのレンズはリムの前側に来ていて、しかもリムとレンズは直接くっついてるのではないんです。二か所ののネジで強力に固定されてるんだって。すご。もう何が何だかわからないすごさ。

いろいろ教えてくれたスタッフの荒川さん、ありがとうございました。そして今回は何も買わずにすみません……。




ますますEYEVANが大好きになった

今回、改めてお店に足を運んでみて、また更にEYEVANが好きになりました。

というか、普段一人で出かけると、もう他人と関わるということを積極的にしない人間なのだけど、今回スタッフさんに細かく話を教えてもらって(新生堂での齊藤先生しかり)、自分で足を運んで人に会ってということの良さもまた実感しました。笑

EYEVANにはまた年末年始辺りに行って、できればまた新しい一本を買おうかなーと思ってます。

マジでEYEVANが似合う男になりたいぜー。

 

今回の撮影機材もこちら。

 

 

 

 

 





関連記事