2018-07-22

遊園地とロモグラフィー。久しぶりにLOMO LC-A+ & Lomography Color Negative 400 ISO 35mm を現像!!


暑い暑いと言ってはいたけど、今に比べたら可愛いもんだった5月末。おそらく小学生の修学旅行ぶりに行ってきました、八木山ベニーランド。

行く前は正直なところ何となく寂れてるイメージで、この歳で楽しめるかな……と思いつつ、彼女様の「行きたい!」に押されてしぶしぶ……という感じ。でも、めちゃくちゃ楽しめました。てか、全然大丈夫と思ってたジェットコースターがめちゃくちゃ怖かった……(ただ、翌日イッテQでイモトがほぼ垂直に落ちるやつ乗ってて申し訳ない気持ちになった)。

で、さすがにアトラクションに乗るのに一眼レフは持って歩けないので、遊園地と相性がいいらしいLomo lc-aをお供にすることに。

【関連】青の描写がたまらない。LOMO LC-A+ & Lomography Color Negative 400 ISO 35mm を現像!!

 

色褪せたアトラクションのレトロ感

遊園地でロモといったらやっぱり観覧車。ただ、なんか色褪せてる!? よく言えばレトロ。そうレトロ。思っていたよりも子供や外国人、カップルやガールズでにぎわっていて、全然寂れてる感じはなかったけど、「え? これ塗装し直したほうが……」っていうところがアトラクション以外にもちらほら……。まあ、なかなか難しいのかな。良いんだよ、レトロ感。これもまた大切。

 

若干の不気味さを感じる遊具も結構ある。やっぱりレトロな遊園地と廃墟は紙一重か……。

 

小学生の時には食べたばかりのから揚げが戻ってきそうになったパイラット。今回は二人ともご遠慮。これ系はどこにでもあると思うけど、実際に乗ってみるとジェットコースターよりやばいよね……。ただ、この後訊いた話だと会社の上司は子供に付き合わされて10回以上連続で乗ったとか。おぉ……。

 

周りの友達が嫌がって、前回は乗れなかったサイクロン。今回は乗れたけど怖かったねえ。ジェットコースターのコースの曲線も、青空によく映える。

 

遊園地とロモと言えば観覧車の多重露光! と思いちらっとやってみたけど、なんかイマイチでした。もう一枚、彼女様を正面から撮って観覧車と合わせたやつは、彼女様が青空に浮かんで天に召されたみたいになっちゃいました……。多重露光はフィルムの醍醐味の一つかもしれないけど、やっぱ一発で合わせないといけないのはテクニックが必要だなーと思いました。

 

そして俺たちはどこに行っても、ソフトクリームを食べるのさ。

 

ということでロモグラフィー in ベニーランドでした!

 

 





関連記事