2018-07-16

AIR SPICE で「ココナッツの大豆とひき肉カレー」を作ったよ!!






「スパイスからカレーを作る……」なんてちょっと凝った料理を作ってみたい。でも、そもそもレシピが難しそうだし、結局はそろえたスパイスも余らせてしまいそう……。そんな人におすすめな、「毎月レシピ付きの本格スパイスセットが届く」AIR SPICE。

うだるような暑さが続く7月。前回の基本のチキンカレーに引き続き、2回目の本格スパイスカレー作りがスタートだ!!

 

毎月一回の指令が届く!


ということで、7月に入って 今月分の指令が届きました。今月は「ココナッツ彩り豆カレー」。

しかし、ここで重要な問題。


なんとワタクシ、嫌いな食べ物と言えば「豆全般……」と答えるほど豆が苦手。でも、納豆は好き。ということで、レシピには「豆の半分の量をひき肉に変えてもよし」との記載があったので、ひき肉と豆類の中でもまだ食べられそうな大豆で代用することに。

 

今月は助手とともにカレー作りスタート!

毎回デートのプランを考えてないことで有名な自分は、今回はプランの一つとしてカレー作りに挑戦。


食材を切ってもらいます。が……


やらかす助手。みじん切りしてもらった玉ねぎがシンクに……。3分の2の玉ねぎは救出できたのでセーフ。


そして、自分ははじめのスパイス(ホールスパイス)を炒め始めます(楽しいほうを自分がやるという、デートプランとしては×なことをしている)。今回はウラドダル、マスタードシード、クミンシード、レッドチリの4種類。強烈な香りがキッチンに広がり始める。

マスタードシードがパチパチはじけ始め、レッドチリが黒ずんできたところで、みじん切りにしてもらった玉ねぎを投入。そして量が減った玉ねぎの代わりにナスも投入。

少し玉ねぎが色づき始めるまで炒めたところで、中心のスパイス(パウダースパイス)を投入。今回は、サンバルマサラ、コリアンダー、ポピーシード、フェヌグリーク、ターメリック、ヒング。レシピの裏に水野仁輔先生による『サンバルマサラの加担』というコラムも書いてあって、こちらも読み物として面白いのでぜひ。

スパイスを加えたら、ホールトマトを200g加える。ホールトマトは「手でつぶしながら」とあるんだけど、助手から「カットトマト使えばいいじゃん!」とクレーム。レシピによると、「ホールトマトとカットトマトはトマトの種類が違う」らしい。うまみが強く出やすいホールトマトを使うようにとのこと。うーん、勉強になりますな。


代用の大豆とひき肉を投入。水を加えて、ひと煮立ちさせる。

そして、ここでようやくココナッツミルクさんの登場。自分の人生で初めてココナッツミルクを使います。写真撮り忘れたけど、食材とは思えぬ色。灰色してるで……。

ちょっと不安になりながら二人でどぼどぼと投入すると、ココナッツの良い香りがガンガンしてきます。


ここでまた、助手からクレームが入ります。ぐぬぬと思いながらも10分ほどぐつぐつ。まあ、豆をミックスビーンズがら大豆に変えてしまったのでちょっと彩には欠けるね。


「まだお腹すいてない」とのことなので、カレーはお休みさせてお出かけすることに。


仙台に期間限定で出店している「アイスモンスター」行ってきました。マンゴーかき氷、でかくてうまい!!

 

夜ごはん、実食!!

そしていよいよ夜ご飯。家に帰ってきて実食!! うまい!!

作っておいてなんだけど、ちょっとココナッツカレーというのが不安でした。が、ココナッツカレーうまい!!笑

ココナッツのまろやかな甘みがありながら、じわじわスパイスの辛みが効いてくる。実は前回の基本のチキンカレーが刺激的すぎる辛さだったので、辛みもちょっと不安だったんだけどちょうどいい辛さ(なぜ、そんな不安ばかりの試みをデートプランに組み込んだのか……)。

ちょっと、ココナッツ料理に目覚めそうなうまさでした。大豆も良い感じに味が染みてて豆嫌いの自分でもノープロブレム!

助手として頑張っていただいた彼女様も「うまい。ほんとにうまい」と満足げでよかった……。

 

 

ということで、2回目のAIR SPICE でのカレー作りも成功。いや、ほんとこれ楽しいし、おいしいのでおすすめ。ぜひ!

 

 

 





関連記事