2018-07-10

スマートな漬物石、Picklestoneで漬物に挑戦!


いやはや、まだ25歳ではありますが、やたらと魚が食べたくなったり、食卓にぱりぱり漬物が無いと少しどこか物足りなかったりと、食の嗜好の変化を感じる今日この頃。

前々から気になっていた、Picklestoneを購入。 初心者のファースト漬物チャレンジ!

 

Picklestoneとは?

その前にそもそも Picklestoneとはなんぞや? と。

Picklestoneは、クラウドファンディングのサイト、キャンプファイヤーでシンガポール研究科(!?)のTanaka Tomonoriさんが支援を募った、場所を取らないコンパクトかつスマートな漬物石。

自分がその存在を知ったころには、もう支援が終わっていたけど、支援達成率1329%というわけのわからない成果を収めております。笑

今回、自分は楽天で買いました。買ってから、正規のルートなのかちょっと不安になってはいるけど……。

 

漬物に初挑戦!

今まで漬物を付けたことないです。なんちゃって浅漬けくらいでした。


そんな自分のもとに届いたイケてるアイテム。そう。これがPicklestoneや。

で、やっぱり最初はこのリーフレットみたいな色鮮やかな、インスタ映えしそうな感じで作ってみたかったので、きゅうり、パプリカ、大根で挑戦。スーパーで材料を買ってきて、ざっくざっく切りました。が、


見事に先行きの悪いスタートを切ることに。意外と入らない。

パプリカと大根はそれぞれ半分くらい残ってしまったので、それは別で乳酸菌発酵漬けすることにして、とりあえずオーケイ。塩の他に、塩昆布と鷹の爪、ニンニクも一緒に漬け込む。

そして一晩置く。朝起きてわくわくで様子を見てみると衝撃の光景が……


めっちゃ圧縮されとる!! めっちゃ汁出とる!! ふたも閉まるし。

でも、まだ一番上の大根までは汁に漬かってない状態。

ただ、それも夜仕事から帰ってくるころには……。


完璧な漬かり具合。自分の漬物センスに脱帽(すごいのは Picklestone)。

 

自作漬物、実食!!

そして、さらに1日漬け込み、いよいよ実食のとき。

正直に言います。うまいけど、しょっぱかった……。一応野菜の重量は量って塩の量を調節したんだけど、そこにさらに塩昆布も足してるからね。夏の暑さには塩分と言えどしょっぱい。

ただ、どこか味に深みがあるのです。それは自作ゆえの愛かもしれませんが……。

そして、ちょっと気になったのは、ヒノキの香り。自分が思っていたよりもそれが強くて、にんにくの香りとけんかしちまったかなと。次回はにんにくなしで挑戦する予定。

 

【関連記事】

コンパクトなマネークリップ、the RIDGE(ザ・リッジ)を半年使ってみたレビュー。

 

 





関連記事