2018-06-29

ザワークラウトを初めて作ってみる!


最近、前から気になっていたPicklestoneをぽちってみたんだけど、なぜかお届け指定日を2週間後にしてしまう失態。行き場のないめちゃくちゃ漬物を作るつもりでいた気持ちをどうにかするべく、漬物やらピクルスやらをググってたどり着いたのが、ザワークラウト。

必要なものは瓶とキャベツと塩。以上。早速、ちょうどよさげな瓶をAmazonでぽちってザワークラウトづくりに挑戦!!

 

ザワークラウト (Sauerkraut) とは、ドイツにおけるキャベツの漬物。また、それを使った料理も指す[1]。原義は「すっぱいキャベツ」。この酸味は発酵により生じる乳酸によるもので、酢酸の味ではない[2][3]。ザウアークラウト、ザオアークラオトとも表記されることがある。

wikipedia

 

 

ここのところ、買っても使い切れずにダメにしてしまうので、キャベツ一玉買うのが久しぶり。

これを機に千切りも練習しようと思う次第。

半玉ボールに入れたところで、満杯になってしまったので、一旦塩を振って揉み込む。しばらく揉むと写真の通り、ボールの半分までかさが減る。このときはまだ、「あ~この瓶だと一玉は入りきらないな~」と思ってました……。
かさが減ったのでもう半分も追加。千切りにして塩振って揉み込みます。

ぎゅうぎゅうに瓶に詰めていきます。やや不穏な雰囲気を感じる。

そして、まさかの!!
あんなに山盛りだったキャベツの千切りが瓶の半分ちょっとくらいに収まってしまった。

キャベツからでた汁にしっかり漬かってないと失敗のもとになるらしいので、なんとかぴったり収めたい。とっておいた外葉を詰めても足りないので、ビニールに水を入れてかさ増し兼重りに。

ということで待ちます。

で、次の日の朝起きると、さっそく発酵のサインが!!

なかなかよく発酵している様子。ただ、塩を入れすぎたようでめちゃくちゃしょっぱい! 付け合わせの漬物なら行けるけど、これだけだともりもりは食べられない! ということで、

野菜スープにしてみました。最近おかゆ生活なので、おかゆに塩味として入れてみるのもどうかなーと思ってる。

 

そんなこんなで初めてのザワークラウトは成功半分、失敗半分という感じ。でも、発酵、生き物育ててるみたいで楽しいです……。次は塩を減らして挑戦します!

 

 





関連記事