2018-05-22

20歳とニューヨーク③


このタイムズスクエアの写真もそうだけど、思えば初めての長時間露光の写真はニューヨークだった。まあ、夜景に関してはじゃないとまともに撮れなかったって言うのはあるんだけど。前回の続き。3日目です。

 

2月20日

三日目。エンパイアステートビル
、タイムズスクエア、国際写真センター、ブライアントパーク、市民図書館。
今日思ったのは、どうして店員や従業員はすれちがった後、気づかれないような声でhelloとかいうのだろうか。無視しちゃってる事が多いかも。
あと、アメリカ人がみんなフレンドリーだってことはないかもしれないけど、強面で無愛想でも、根はみんな陽気なような気がする

エンパイアステートビルもタイムズスクエアもこの日に。ニューヨークはビル風がすごくて、おまけに街中は日が当たらないから、めちゃくちゃ寒かったのを覚えている。極寒の中歩きまわって膝が限界だった。笑

そういえば、ブライアントパークについて思い出すのは卓球。屋台で買ったお昼を食べながらドレッドの黒人のお兄さんと中国系のおじさんが卓球していたんだけど、思いがけずドレッドのお兄さんが強かったのか、やっぱりおじさんが強かったのか思い出せない。

ちなみに屋台というと、こんなイメージなんだけど、1段目左から2番目みたいな、ターメリックライスにチキンとレタスとトマトにマヨドバドバのやつがおいしかったなー。今でもクミンとかスパイスの香りをかぐと、自分はニューヨークを思い出す。匂いと記憶。英語が話せないことでメンタルがやられて食欲が失せてたけど、屋台は結構利用して助かった気がするなー。

 

Dot Hacker-Inhibition

これまた、グライムスと同じくニューヨークのレコードショップで買った一枚。言わずもがな何も特別版とかではない。

たしか、ちょうどこのころ、レッチリからジョン・フルシアンテが抜けることが決まって、その代わりに加入することになったジョシュ・クリングホッファ-。その彼のバンド、ドットハッカー。

ジョンのファルセットコーラスが大好きな自分だけど、ジョシュの歌声も結構好き。そんなジョシュがメインボーカルで幽玄なギターとともに全曲歌いあげる。

 





関連記事